フケやかゆみの原因と、そのケアについて

フケやかゆみに悩まされている方は、以前の私もそうでしたが、
仕事でも遊びでも長時間外出していると、肩の辺りが白くなっていないか、
スーツだったり黒っぽい服を着ていると気になっちゃうんですよね。

ヘアケアを考えたときにはもちろんですが、
フケやかゆみは頭皮に異常がある状態ですから、薄毛や抜け毛の予防の意味でもしっかりケアしたいところです。

そもそもフケやかゆみの原因ってどういうものなのか。

一つは、あまりシャンプーしないために古くなった皮脂が剥がれ落ちてきているケースです。

昔、ドラマとかで作家や芸術家みたいな人が、あまりお風呂を入っていない状態で、
髪の毛ボーボーで、ボリボリ頭をかいたらフケが落ちてくるような感じのシーンって、一度や二度見た記憶があると思いますが、そんな感じです。

これは、しっかり頭を洗って清潔に保つことで解決するかもしれませんが、
もう一つのケースは頭皮の乾燥です。

乾燥すると地肌が乾いてひび割れするように皮脂が剥がれ落ちてきますし、
乾燥肌の方は経験あると思いますが、頭に関わらず乾燥するとかゆみが出てきます。

頭皮に関わらず、素肌を健康に保つ為や若々しく保つ為には、
潤った状態でいることが大切です。

この乾燥を引き起こす一因の一つがシャンプーです!

シャンプーは、安価なものは洗浄成分が石油を原料としており、洗浄力も強いので、
肌の弱い方は、皮脂や油分が取られ過ぎてしまって乾燥しやすい状態に陥ってしまいます。

現に、管理人の私自身、長年頭のかゆみや老けに悩まされてきましたが、
シャンプーを変えることで、すっかり治まりました。

これは、スキンケアの発想と同じで洗顔料を見直すとお肌の調子がよくなった、という経験をした方も多いと思いますが、マイルドなシャンプーに変えると皮脂や油分は適度に残してくれるので、潤った状態を保てるようになりフケやかゆみのケアにも良いです。

また、乾燥状態は老化の原因にもなりますし、頭皮が健康な状態でなければ健康な髪を生やすことにも弊害が出る恐れがあるでしょう。

頭皮のケアは、ハゲ予防にも繋がりますから大切といえます。
最近では、スカルプシャンプーや育毛シャンプーというカテゴリで、色々なヘアケアシャンプーが出ています。

シャンプー選びのポイントは、頭皮に優しい洗浄成分の「アミノ酸系洗浄成分」です。

また、私のおすすめは、『馬油シャンプー』です。
馬油は頭皮にうるおいを与えてくれる働きで頭皮のケアにはおすすめですし、頭皮の健康を育むのに欠かせない必須脂肪酸が配合されていて、頭皮を柔らかくしてくれる効果も期待できるので、薄毛や抜け毛の予防にもおすすめです。

頭皮の血行、血流を良くする入浴時のワンポイント

毛髪が薄くなりやすい人の特徴として『頭皮が硬い』ということがよく言われています。

頭にも筋肉があるのでマッサージで動かして血行を良くして上げる事が大切です。
頭皮のマッサージに関して詳しくはコチラの記事をご覧下さい。

マッサージとは別に、ここで伝えたいワンポイントは入浴時に冷水と温水を交互に浴びる方法です。

水風呂が身体に良いということは医学的にも実証されているということを、

アンチエイジングでメディアでも活躍している南雲医師がTVでも仰っていました。
著書はこちら、因みにこの方アンチエイジングの著書が中心です。

 

人間の身体は、体温を調節する機能が備わっているので、水で冷やしてあげることによって、
体内では身体を温めようとする働きが活発になるので、結果的に体温が上昇するということです。

実際、私も入浴の最後には我慢して冷水を浴びてから出るようにしています。
もちろん、その時は冷たいから寒いですけど、少し経つと徐々に身体がポカポカしてくるのがわかります。

これは、頭皮にも応用が利くことで、シャンプーした後、冷水と温水を1分くらいずつ交互に2~3回繰り返して浴びることで、冷やすと体内では温めようとする働きをしますから、血行促進して頭皮の健康を促進する狙いです。

この方法は、昔から何度か、専門家の話としてメディアで見聞きした方法です。
数年前過ぎて覚えていませんが、それから私自身実践している方法です。

冷水って最初は相当抵抗あると思いますが、慣れると気持ちよいですよ。
浴びているときより、その後温まってくるのが実感できるときね。

頭皮のマッサージとシャンプーの仕方を習慣にしよう。

薄毛や抜け毛に悩む方の特徴の一つに、頭皮が硬くなってくる傾向があります。

また、それと同時に血液の循環がよくないというのも一因に挙げられます。

頭皮の表面には毛細血管が張り巡らされていますが、
毛根や表面までしっかりと栄養が行き渡らないと、薄毛や抜け毛の危険性が増す可能性があるでしょう。

血行を良くするためには頭皮マッサージが有効です。
血流がよくなると毛根に栄養が届きやすくなりますし、頭皮を柔らかくする効果も期待できます。

頭には前頭筋や側頭筋、後頭筋がありますが、頭頂部には筋肉がないので、
頭頂部を動かして適度に刺激を与えることが大切だそうです。

もちろん、前頭筋、側頭筋、後頭筋の筋肉も動かさなければ固まってきますので、
頭皮マッサージで刺激を与えてあげることがケアの部分では大切です。

また、マッサージも指の肌で擦るのではなく、
揉みこんであげるイメージで頭皮を動かすという感覚で行いましょう。

 

擦らず頭皮を動かすという意味では、シャンプーも大切で、

薄毛や抜け毛のトラブルを抱えている方でも、常に新しい髪は生えてきています。
ただ、そのような方は新しい髪が成長する前に抜け落ちたり、
成長サイクルが通常より短くなってきている状態になっていますが、

新しい髪は特に抜けやすいそうです。

特にシャンプー時は刺激が一番加わりやすいですから
優しくマッサージするように洗うこともケアの面では大切だそうです。

 

このことは、
ヘアカウンセラーの板羽先生がTVでも仰っていました。
因みに著書はこちら

薄毛や抜け毛にお悩みの方、また将来心配の方はお金の掛からない
シャンプーの仕方やマッサージに着目した方法なので、参考にしてみては如何でしょう。

髪と頭皮の関係について

髪と頭皮の関係を、畑に置き換えてみるとヘアケアの考え方がわかるのではないかと考えて見ました。

栄養をたっぷり含み元気に育つ食物は、ミネラルを豊富に含む健康な土から生まれます。

実際に、二毛作で常に食物を育てていたり、栄養分の足りない土から育った食物は栄養価が低くなる傾向にあるということは、
社会科でも少し触れる部分で、耳にしたことがあると思います。

毛髪も、それを生やして育てるのは毛根であり、頭皮です。

頭皮も顔やその他の肌と一緒で、潤っていることが健康には必要です。
乾いているとカサついてフケやかゆみの原因にもなってしまいます。

健康な髪を生やす為には、血行も良く潤っている状態がベストと言えるでしょう。
そう考えるとヘアケアは頭皮の健康から見つめなおすと良いと思います。

実際に、過去薄毛や抜け毛に悩んだ私自身、育毛剤だけに頼っていたときには薄毛や抜け毛が止まったと実感できることはありませんでしたが、育毛シャンプーによる頭皮ケアも併用してから、明らかな変化が実感できました。

毛根に活力を与える育毛剤と、頭皮にうるおいを与え健康な状態へと導く育毛シャンプーの併用は、
総合的に頭皮の状態を見直すためには必要不可欠だったと感じています。

育毛シャンプーに見直してからは、薄毛や抜け毛に悩まされる以前からずっと悩まされていたフケやかゆみも治まりました。

それまではCMで芸能人が気持ち良さそうに使っている安価なシャンプーを使っていましたが、
どれを使ってもフケやかゆみに悩まされ、酷いときには炎症も起こしていました。

今思えば、安価なシャンプーはメーカーや商品が違っても臭いや色が違うだけで中身はどれも同じようなものですから、
違うものを使ったところで症状が改善されることなんてありませんでした。無知とは恐ろしいものです。

それだけ、私の頭皮はデリケートだったということにもなってしまいますが、
でも、フケやかゆみの症状が出にくくなるのと時期を同じくして、徐々にではありますが髪の毛にもハリやコシが蘇ってきて、抜け毛も減ってきましたから、鏡で見ても地肌が気になることもなくなってきましたし、何より周りの目が気になりだしていたし、セットしてもボリュームがないからすぐにペタッとなってしまったり、雨に当たった日なんて最悪ですぐにベチャベチャになってしまってました。

髪の毛1本1本が細くなっていると、雨に当たったときすぐに水を吸収してしまうんです。

正直、結構なストレスになっていたと後から思い返しても思います。

だから、髪の毛の健康を考えたとき、頭皮の健康を第1に考えるべきだと思います。
その為におすすめなのが育毛シャンプーです。
頭皮にうるおいを与えて、健康へと導く成分が配合されていますから、女性のスキンケアと同じ発想で頭の老化予防として使うことをおすすめします。

ヘアケアの必須アイテム

ヘアケアについて考えたことがありますか?

 将来、薄毛や抜け毛の心配をしている人は若い人でも増えているそうです。
ハゲる原因は、食生活や睡眠、喫煙など日常生活での不摂生やストレス、遺伝など
様々な要因が挙げられます。

脂っこい食事が多かったり、野菜不足や肉中心の食生活は髪のことだけでなく、健康的にも良くありません。

また、タバコは百害あって一利なしと言われるほど、健康を害するものとして挙げられます。

日常生活で不健康な部分があると感じている場合は、薄毛や抜け毛の原因としてでなくとも、
今現在の健康も考えた上で、見直す必要がありそうですが、

最近、話題になっているシャンプーにも現代人が薄毛や抜け毛に悩む要因が潜んでいる可能性もあるのです。

 

シャンプーに含まれる洗浄成分。

安価なシャンプーには、コストを下げる為に石油系界面活性剤といわれる科学合成物質が配合されてきました。

この成分は泡立ちが良く、洗浄力も強いために一般的に用いられてきましたが、
女性のスキンケア同様に、ヘアケアという観点からもこの洗浄成分を見直す動きが広まりました。

洗浄力が強過ぎると、頭皮を守るために必要な皮脂や油分を取り過ぎてしまい、その結果頭皮が乾燥しやすくなってしまいます。

肌が乾燥するとフケやかゆみや、ひどくなると炎症を起こしたりトラブルの原因に繋がりやすくなりますので、
潤った状態を保つことが頭皮の健康の為にも大切です。

そこで最近注目されているのが、アミノ酸系洗浄成分を配合したシャンプーです。
アミノ酸洗浄成分は、泡立ちは石油系に劣る傾向にありますが、洗浄力がマイルドで皮脂をとり過ぎずにうるおいを残してくれることから、
ヘアケア用のシャンプーに配合されている洗浄成分です。

女性のスキンケアも若々しい素肌でいるためには、洗い過ぎないことが大切。といわれているように、
頭皮も洗い過ぎないことが大切です。

頭皮に優しい洗浄成分で適度に洗うことがヘアケアに繋がります。

また、アミノ酸系洗浄成分に加えて、頭皮の健康に役立つ美容成分や天然成分が多く配合されているものが、
育毛シャンプーやスカルプシャンプーとして販売されていますので、ヘアケアはもちろん将来の薄毛や抜け毛予防の為に、
この育毛シャンプーやスカルプシャンプーもおすすめです。