安いアミノ酸シャンプーと高いアミノ酸シャンプーの違い

ネットでヘアケアやシャンプーの情報を探すと、アミノ酸シャンプーがいいですよと、勧めるホームページが多いですよね。

私はもともと安価なシャンプーは刺激が強いので、自分には合わないなと思いながら使っていました。

といっても、昔は近所のスーパーでシャンプーを購入していたし、今のように頭皮ケアの情報に触れる機会もありませんでした。

私は、頭皮が赤く荒れて皮膚科に行ったこともあったのですが、当時、病院で進められた薬用シャンプーも地肌に合わず結局、その辺に売っているどれも同じのシャンプーを我慢して使っていました。

、、、なんだか前置きが長くなりましたが、
大人になってから、アミノ酸シャンプーの存在を知りいくつか使ってみました。

感想を一言でいうと、基礎化粧品に似ているなと。

アミノ酸シャンプーは安物のシャンプーに比べて洗浄力が弱いので乾燥を防げます。

アミノ酸の洗浄成分にもいろいろ種類があって、1本のシャンプーに複数のアミノ酸洗浄成分が入っているのでそれぞれ洗浄力も多少違いますが、

高いアミノ酸シャンプーと安いアミノ酸シャンプーの違いは保湿成分です。

植物エキスとか天然由来のオイルが入っていますから、洗い上がりの頭皮のしっとり感が変わります。

クレンジングとか洗顔石鹸と同じ感覚だなと。

ただ、顔の場合はクレンジングして洗顔石鹸で洗って、そのあと化粧水、美容液と保湿しますが、頭皮ってシャンプーしたあと保湿するわけにはいきません。

だからこそ、シャンプーの違いって大事だなと思いました。

高いアミノ酸シャンプーを使ってみて、頭皮の状態がすごくいいなと感じられたのですが、同じアミノ酸シャンプーなら安いものでも頭皮の乾燥を防げるんじゃないかなと思って、一度替えてみました。

安いアミノ酸シャンプーといっても1,000円くらいするのですが、使い続けてみると安いアルコールシャンプーよりも乾燥は防げるのですが、やっぱりかゆくなったり季節によってはフケもチョット出たりするんですよね。

安いアミノ酸シャンプーと高いアミノ酸シャンプーは保湿力が違うんだなと思いました。

これってきっと、頭皮が丈夫な人からすると違いは判らないかもしれません。

実際、肌が丈夫な母も、ヘアケアには当然関心があるので私がアミノ酸シャンプーを使っていることを話したときに、「私も使ってみたい」というものだから1本プレゼントしたのですが、数週間経った時に感想を聞いてみたら「なにがいいんだかわからない」といっていました。笑

私としては、もう刺激の強い安物のシャンプーは絶対使えない!
というほどなのに、頭皮が丈夫な人には違いがわからないと。

何を使っても平気な人は、安いシャンプーで満足できるのですからある意味うらやましい限りですが、

私と同じように、頭皮がカサカサに乾燥していてエイジングケアを始めたい人や、髪に艶がないと感じている人はシャンプーをアミノ酸の良いものに変えてみてはいかがでしょう。

安いアミノ酸シャンプーでも乾燥を防げますが、高いアミノ酸シャンプーは保湿成分が入っているので、長く使えばきっと違いを実感できると思いますよ。

頭皮のケアって、地味にできる事が限られていますよね。
だからこそ、シャンプーの質って大事だなと思った今日この頃でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です